参加者の声

春期海外研修に参加した、佐脇さん・鶴見さん・近藤さん・平井君に、テーマ別に現地の生活について語ってもらいました!

ホームステイ

プログラム中、それぞれホームステイで過ごします。

私のホストファミリーは、太陽のようなお母さん、とにかく優しいお父さん、2歳半にして秀才(会えば分かります!) かつ超キュート な女の子、ぷっくりほっぺの男の赤ちゃんの4人家族でした。

お父さんは会社勤め、お母さんはなんとレストランやお弁当ケータリングからサロンまで経営する多忙なご家 族。朝4時には子どもたちをあやしつつ、お弁当作りに勤しみます。たくさん人がお家に出入りして、笑い声も赤ちゃ んの泣き声も絶えません。

学校までは小さな乗り合いバス「アンコタ」で15分ほど。

ベッド、クローゼット、机付きのすてきな一人部屋をあてがわれました。

皆さん私の適当で乏しいインドネシア語を一生懸命理解してくださいます。

休みの日にはお友達の結婚式に出席したり、隣街まで足を伸ばしたり。

家族や住み込みの女の子とは、時に深いシェアもしました。人生の先輩からこんなに素直にシェアしてもらえ て、じんとしてしまいました。

目いっぱい楽しみ、ときどき感動してしまうホームステイでした。

これから参加する皆さんも、すてきなホストファミリーにめぐり会えますように。

鶴見令奈

<Bahasa Indonesia>

Kami tinggal di homestay ketika program berlangsung.

Host keluarga saya ada 4 orang, orang tua dan 2 anaknya. Anak yang paling tuanya perempuan. Meskipun dia umurnya 2tahun, dia pintar sekali. Anak ke-2nya laki-laki dan dia mempunyai pipi yang lucu. Mereka lucu sekali.

Ayahnya bekerja di kantor, sementara ibunya mempunyai restoran, katering, dan salon. Orang tuanya sibuk. Jam 4pagi, ibunya mengursi anak-anak dan membuatkan makanan untuk katering. Rumah ini selalu ramai oleh orang-orang yang tertawa dan anak kecil yang menangis.

Saya pergi ke kampus UKSW naik angkot. Ini memakain waktu kira-kira 15menit. Saya menginap di kamar yang indah. Di dalamnya ada tempat tidur, lemari baju, dan meja.

Walaupun saya kurang pandai berbahasa Indonesia, tetapi keluarganya mencoba mengerti saya.

Ketika libur, saya diajak ke pesta pernikahan teman-temannya. Kami jalan-jalan bersama ke kota besar di sebelah kota Salatiga.

Saya berbincang-bincang dengan keluarga dan babysitternya. Saya tersentuh ketika mendengar curhatan mereka.

Saya senang tinggal di situ.

Mudah mudahan Anda sekalian juga akan bertemu host yang baik.

Lena Tsurumi

LTC Friends

LTC(Learning Training Center)Friendとは、現地大学の学部で研修の期間中、ずっとサポートをしてくれる現地大学の生徒です。
私たちの時は、Alen(男),Dasia(女)の2人で各クラスに1人ずつ振り分けられました。

授業中のサポートはもちろん、放課後のカフェやスパ、サロンなどいろいろなところへ連れて行ってくれたりと楽しい時間を過ごしました。
ジョグジャカルタへの遠足では、私たちのチケットやおみやげのプチ情報などを教えてもたっらりして仲良くなりました!!
今でもFacebookやLINEでつながっています。


佐脇奏

*写真は自撮り用の器具で撮ったものです。

 

インドネシアのスパ

海外研修、約三週間の中で女子は週に二回~三回ほど、放課後や休日にスパやスクラブエステ、足つぼマッサージ、ヘアトリートメントスパに行ってきました。リゾートホテルのような雰囲気のあるスパから、学校の近くの小さなマッサージ屋まで様々です。値段は安い所でい時間300円程度でした。感想は、とっても気持ちよかったです!足裏は痛いくらいでしたが、歩き疲れた脚にはとっても気持ちよかったです。

日本ではできない贅沢なリラックス体験でした。

近藤伶美

<Bahasa Indonesia> Pelatihan di luar negeri telah di laksanakan selama tiga minggu untuk perempuan dengan frekuensi dua hingga tiga kali aktivitas dalam satu minggu. Ketika liburan atau setelah kelas, mereka pergi ke spa untuk pijat kaki atau hair spa treatment. Tempat yang dikunjungi bermacam-macam mulai dari spa yang mempunyai atmosfir seperti resort hingga tempat pijat kecil di dekat sekolah. Harga yang cukup terjangkau berksiar 300 yen per-jam. Telapak kaki yang dipijat cukup sakit namun sangat melegakan untuk melepas lelah. Pengalaman yang sangat menyenangkan yang tidak bisa didapatkan di Jepang!

言語上達最大の目的はコミュニケーション

私は、今年の4月からインドネシア語を学び始め、夏休みを利用して、ジョグジャカルタにあるサナタダルマ大学に1ヶ月間短期研修に行ってきました。今回はその感想を書いていきたいと思います。
結論から言うと、インドネシア語を上達させたいと考えていて、行くかどうか少しでも迷っている人は、ぜひ思い切って参加してほしいと思います。
私自身も参加しようかどうか迷っていて、申し込んだ後も、正直、前日になっても迷っていました(笑)。ベーシックを終えたばかりの自分が1ヶ月インドネシアに行ったからといって、流暢に喋れるようになるとは思わないし、行く意味はあるのかどうかという迷いがあったからです。しかし、研修に参加した後の今では行ってよかったと自信を持って言う事ができます。

確かに、1ヶ月インドネシアに滞在したからと言って、インドネシア語が流暢になったわけではありません。しかし、現地で生活し、インドネシアの文化に触れ、必死にインドネシア人の友人とコミュニケーションを取る事で、インドネシア人の気持ち、感覚といったようなものが少しずつ理解できるようになり、ある程度の意思疎通はできるようになりました。言語を上達させる最大の目的は、その話者と上手くコミュニケーションを取れるようにすることだと私は考えているので、この意思疎通が出来るようになったという経験が出来た事は私に取って非常に大きかったです。そして、語彙力が不足しているなど、現地で感じた課題を日本で克服していけば、インドネシア語をより上達させ、ネイティブ並みに喋れるようになるのも不可能ではないなという自信も得る事ができました。
インドネシア語を喋れるようになりたいけど迷っている人には是非、この研修に参加して、インドネシアへの理解を深めることで、インドネシア語を上達させるきっかけにして欲しいと思っています。日本では出来ない貴重な体験を数多くすることができ、結果的にインドネシア語を上達させる近道になったと、私は感じています。

以上が、私がサナタダルマ大学の短期研修に参加して感じたことです。これから参加しようと考えている皆さんの参考に少しでもなれば幸いです。


平井啓一郎

>海外研修のページへもどる